MDMサービス[VECTANT SDM] ホーム | 機能・特徴

「管理」するMDMから「活用」するMDMへ機能・特徴

ニーズに応えるオールインワンMDM

ニーズに応えるオールインワンMDM

SDMコンセプト

  • Android対応 iOS対応 Windows対応
  • マルチOS、マルチキャリア、マルチデバイスでMDMを実現
  • MDMに加えビジネス活用できるコンテンツ配信が充実。
    配布されたデータは暗号化(オプション)
  • VPN(オプション)で社内システムを安全・簡単に利用可能
  • 使いやすい管理コンソール
    ブラウザではなく、RIA(リッチインターネットアプリケーション)を採用。
    数百台、数千台のデバイスをドラッグ&ドロップの直感的な操作が可能
  • 豊富なメニュー体系により必要な機能だけ利用可能。
  • クラウド型MDMであり導入が容易。
  • VECTANT インターネット バックボーンに直結され通信速度が速い。
    (コンテンツデータ配信速度、MDMカテゴリ世界一を目標)

プラットフォーム基本構成

ニーズに合わせてStepUpできるStage

基本MDM 1

紹介ムービー

MDMで大量の端末も一括設定・管理
できるから導入・サポートも楽々!
アプリの配信やセキュリティーポリシー設定など導入時・運用時、サポートの手間を大幅に削減できます。

基本MDM 2

紹介ムービー

MDMは紛失や盗難など不測の事態でも
情報をしっかり守ります!
紛失・盗難時のリモートワイプはもちろん、電波の届かない状況下でもローカルワイプでしっかりガード。VPNオプションで社内システムに安全・簡単にアクセス可能。

活用MDM 3

紹介ムービー

MDMならではのプレゼン資料やマニュアルの同期
テロップによる情報の即時配信
クラウドストレージであらゆるコンテンツを同期することができます。端末側に暗号化して保存できるので、ネット回線のない状況でも安全に快適にプレゼン資料やマニュアルをご利用いただけます。

活用MDM 2B/3B BYOD(Bring Your Own Device)

煩わしかった携帯の2台持ちを解消。
個人のデバイス1台で、会社使用を可能に
VECTANT SDMのBYODは、個人領域とビジネス領域を強固に分割。だから、スムーズな導入と運用を実現します。

iOS端末限定 Apple社の「Device Enrollment Program」に対応
もうiPhoneにキッティングは要らない!

iOS

  • 「Device Enrollment Program」とは
    ADevice Enrollment Program(DEP)は、⽶アップルが提供する企業向けiOS端末導⼊⽀援サービスです。
    iPhoneやiPadなどのiOS端末を企業が⼤量導⼊しようとする際に、迅速な展開を妨げる要因の⼀つであるキッティング(デバイスを使⽤可能にする事前準備)作業を不要にします。

  • VECTANT SDMが、Apple社の提供する「Device Enrollment Program」に対応
    「Device Enrollment Program」(以下、DEP)は、iPhoneやiPadなどのiOS端末に対してMDMの設定をオンライン上で⾏えるため、管理者が端末に触れることなくMDMの管理下に置くことが可能となります。

    お客様がiOS端末を導⼊する際に従来必要であった端末1台ごとの導⼊作業が不要となります。よって導⼊コストの⼤幅な削減が可能です。

    また、DEPでは端末利⽤者による構成プロファイルの削除を禁⽌することが可能なため利⽤者により機能制限を外すことはできません。

    「VECTANT SDM」では「DEP」サーバのiOS端末情報と連携し、端末登録や各端末に対するVECTANT SDMエージェントのインストールなどを管理PCからリモート作業で完了させることができます。

iOS端末限定 Apple社の「Device Enrollment Program」に対応。もうiPhoneにキッティングは要らない!

ユーザーの負担を軽減する「法人デスクトップ」

法人利用に必要なアプリだけを表示。
ユーザーは簡単に、直観的に使いこなすことが可能となります

Android

  • 起動すると法人デスクトップが自動起動します。
    Android固有のデスクトップは表示されません。(※)
    設定により個人デスクトップ、法人デスクトップを使い分けるBYOD利用も可能です。
    (※)法人デスクトップの固定機能は利便性を高める機能であり、固定が解除されないことを保証するものではありません。
  • 特定業務の専用端末として使いたい場合SDMランチャー
    上の特定アプリケーションを自動起動することができます。
    管理者が設定した壁紙を表示することができます。
  • SDM管理コンソールよりランチャー(法人デスクトップ)に表示される下記設定が可能です。
    部署毎、役職毎にきめ細かい管理が可能です。
 
①「配信フォルダ」
各種ドキュメント、動画、静止画などのファイルを含むフォルダを管理コンソールに作成し、端末側 へ同期させることができます。 配信データを暗号化し、配信フォルダからのみ復号化できます。(オプション)
②「SDMブラウザ」
「ホームURL」、「お気に入り」を登録します。ユーザーはURL入力できません。ファイルを端末へダウンロードすることを制限できます。
SDMブラウザを閉じると、キャッシュ、クッキー、パスワード、フォームデータ、履歴を消すと共に、サイトからダウンロードされたデータも一括で消去します。
③「設定」
「音」、「表示」、「言語とキーボード」などの最低限の設定項目しか表示されません。アプリのアンインストールなどできません。
④「VPN設定」
VPNの設定および社内への接続ができます。(オプション)
⑤「社内アドレス帳配布アプリ」
管理者が登録した社内アドレス帳データが暗号化され端末に配信されます。 本アプリをタップすると暗号化を復号化し「部署」、「役職」などで電話番号やメールアドレスなどを検索し利用することができます。(Stage3/3B標準搭載、Stage1,2にはオプションサービス。)
⑥「壁紙変更機能」
管理者が壁紙を管理できます。サポート窓口の連絡先を表示したり、コーポレートマークを表示することができます。
⑦「クイック削除」
ブラウザキャッシュ、配布データを削除することができます。端末レンタル時に返却されたデバイスの情報を店員が簡単に削除してリセットし次の顧客に貸し出すような用途にご利用できます。
⑧「ネットワーク設定」
「設定」を操作させず、「ネットワーク設定」(テザリング、WiFi切り替え、Bluetooth等)のみユーザーに操作許可することができます。
⑨「アプリ」のショートカット
管理者が許可したアプリのみ表示されます。表示されたアプリ以外のアプリの起動制御が可能です。
⑩「ブラウザ」のショートカット
管理者がURL設定したショートカットを配置可能です。ブラウザショートカットアイコンについては、お客様にて任意のものに変更可能です。
⑪「テロップ」ランチャー(法人デスクトップ)に流すテロップを登録します。
「テロップリンク機能」テロップをタッチすると予め管理コンソールで設定されたURLへリンク。
「テロップアプリ起動機能」テロップをタッチすると予め管理コンソールで設定されたアプリが起動。
「配布コンテンツ連携機能」配布したドキュメントを開くことができます。
「緊急テロップ機能」開始/終了時間を設定し、お客様が任意のタイミングで配信できます。
⑫「お気に入りアプリ登録機能」
管理者が登録したアプリの中からユーザーがよく利用するアプリを選択して表示順を変更することができます。(「設定」アイコンより設定できます。)

iOS

  • SDM管理コンソールよりランチャー(法人デスクトップ)に表示される下記設定が可能です。
    部署毎、役職毎にきめ細かい管理が可能です。
 
①「配信フォルダ」
各種ドキュメント、動画、静止画などのファイルを含むフォルダを管理コンソールに作成し、端末側へ同期させることができます。
配信データを暗号化し、配信フォルダからのみ復号化できます。(オプション)
②「SDMブラウザ」
「ホームURL」、「お気に入り」を登録します。ユーザーはURL入力できません。 ファイルを端末へダウンロードすることを制限できます。
SDMブラウザを閉じると、キャッシュ、クッキー、パスワード、フォームデータ、履歴を消すと共に、サイトからダウンロードされたデータも一括で消去します。
③MDM構成プロファイルインストール
管理者が設定したセキュリティーポリシーが反映されます。
④「社内アドレス帳配布アプリ」
管理者が登録した社内アドレス帳データが暗号化され端末に配信されます。本アプリをタップすると暗号化を復号化し「部署」、「役職」などで電話番号やメールアドレスなどを検索し利用することができます。
(Stage3/3B標準搭載、Stage2にはオプションサービス。)
⑤「ブラウザ」のショートカット
管理者がURL設定したショートカットをランチャー画面に配置可能です。
SDMブラウザと同じく、ファイルを端末へダウンロードすることを制限できます。また、キャッシュ、クッキー、パスワード、フォームデータ、履歴を消すと共にサイトからダウンロードされたデータも一括で消去します。
⑥「テロップ」 ランチャー(法人デスクトップ)に流すテロップを登録します。
「テロップリンク機能」テロップをタッチすると予め管理コンソールで設定 されたURLへリンクされます。

接続先のコントロールが可能なURLフィルタリング

SDMブラウザ経由のインターネット接続における接続先のコントロールが可能なURLフィルタリング機能です。
接続を許可する「ホワイトリスト」、接続をさせない「ブラックリスト」を登録することで、管理者様が閲覧させたいWebサイト、もしくは閲覧を禁止させたいWebサイトの制御が可能となります。 ※BYOD版は取得不可

制限種類

無し
URLフィルタリングをしません。
ホワイトリスト
登録されたURLリストに対して前方一致したサイトへの接続のみを許可します。
※ホワイトリストをご利用の場合、以下で利用しているURLの登録が必要です。
①ブラウザショートカットのURL
②SDMブラウザのホームURLとお気に入りURL
③テロップリンクで指定したURL
④緊急テロップで指定したURL
ブラックリスト
登録されたURLリストに対して前方一致したサイトへのアクセスをブロックします。

ホワイトリストのURLに合致しない場合、もしくはブラックリストのURLに合致した場合、「以下のURLは管理者から制限されています」の文言とブロックされたURLが端末画面に表示されます。

直感的な操作が可能な管理コンソール

ドラッグ&ドロップの直感的な操作で、
数百台、数千台のデバイス管理を実現いたします。

管理コンソールはブラウザではなく、RIA(リッチインターネットアプリケーション)を採用。コンソール上はもちろんのこと、PCのデスクトップから管理コンソールへフォルダやファイルをドラッグ&ドロップで簡単にアップロードすることができます。

ドラッグ&ドロップイメージ

管理者が接続できるPCのローカルアドレスやグローバルアドレスでの接続制限設定も可能です。ブラウザ管理コンソールに比べてセキュリティー性が高いのも特徴です。

様々なIT機器を一括管理する資産管理

資産管理システムとの連携機能

資産管理システムとの連携機能IT 資産としてモバイルデバイスを管理するニーズが高まっています。 SDM で取得したデータをエクスポートし、資産管理システムへインポートすればIT 資産管理も手軽に行うことができます。
左枠の標準項目から必要項目を選択し、右枠にドラッグ&ドロップ。項目名や順序を変更すればインポート用CSV データのエクスポートが可能です。

VECTANT SDMとインターコム社が提供する情報漏洩対策+IT資産管理ツール「MaLion」が連携。

VECTANT SDMとインターコム社が提供する情報漏洩対策+IT資産管理ツール「MaLion」が連携。
スマートフォンやタブレット、デスクトップ/ノートPC、プリンター、USBメモリといった社内に存在する様々なIT機器を資産台帳で一元管理するソリューションです。
※MaLion は株式会社インターコムの製品です。

VECTANT SDMとインターコム社が提供する情報漏洩対策+IT資産管理ツール「MaLion」が連携。

管理者へのロール付与により管理の分散化が可能

副管理者には4つの役割(ロール)を複数もたせられ、
それぞれのロールで利用メニューの使い分けができます。

マスタ管理者とはすべてのロールが利用でき、かつマスタ管理者及び副管理者を新規に作成、変更する管理者権限です。

管理を分散化することで、管理者の負担を軽減します。

ロールの付与も簡単設定、細かい権限の設定も可能、IP アドレスで接続制限も

導入がカンタン

クラウド型なので面倒なサーバーやネットワークの導入は不要。
すぐに利用開始できます。

導入方法

MDMサービス[VECTANT SDM] ホームに戻る


1ヶ月無料トライアル

オプションサービス

お問い合わせ・申し込み | お気軽にお問い合わせください。
サービス申し込み
サービスに関するお問い合わせ

パートナー一覧

導入事例

株式会社カネカ様
福島県双葉町様全国に避難する町民の心をつなぎ、復興に向けての礎をつくる。コミュニティ維持・発展のためのシステムを支えるVECTANT SDM
株式会社カネカ様
株式会社エービーシー・マート様通販在庫をiPad で検索し、リアル店舗の販売機会を増やす。SDM があったから可能になった約800店舗への配布
株式会社カネカ様
株式会社カネカ様スマートフォンとFMCサービス、ユニファイドメッセージを融合させたSDM社内アドレス帳 通信費の大幅削減と業務効率化を両立
株式会社オートバックスセブン様
株式会社オートバックスセブン様20社に及ぶMDM サービスの中から選ばれたVECTANT SDM-決め手は管理から活用へ-

これまでの導入事例をすべてみる